ようこそ私のルパン三世ワールドへ


  • ここはルパン三世に関するお楽しみサイト。特に自作小説は傑作と評判です。(左サイドバーに入り口あり。)コメントもトラックバックも大歓迎!

バーン・ノーティス予告編動画

ルパンの祖父さん知ってる会?

ルパンネットワーク

大野雄二さんオフィシャルサイト

heiwa「ルパン一族の秘宝」

ルパン三世「movie square」誕生・ここは入り口

栗田貫一さんファンのためのサイト

宮崎駿 ルパン三世アニメを語るサイト入り口

(株)トムスエンタテイメントの公式サイトへのリンク

広告1

« 宮崎駿監督の創造した「ルパン三世」像 | トップページ | 第4回ルパン三世笑劇場「斬鉄剣よりも、 よくキレる!?」 »

2007年12月 5日 (水)

ルパンが愛した女たち、ルパンを愛した女たち

あなたがルパン三世の大ファンなら、一応は知っておられることをお聞きします。

ルパン三世が今までに愛した女性は全部で何人で、誰でしょう。

意外と難しい問題になってしまいましたね。

次元にさえ、「お前に女の好みなんてあったか。」と言われ、ハイジャックされたジェット機の中で、スチュワーデスをナンパしようとする彼の性格を見ると、彼が女を「愛した」と言えるのは何処までの関係なのか、分からないと私も思っています。

でも、例えば、「バイバイリバティー」のジュディ。(ジュディはもう一人、ロシアより愛を込めてにもいますが、別人。)ルパンは1度だけ、盗人稼業の引退を決意して、彼女と同棲を始めますが、「バラ色の人生」はつかの間。

カードのお金が底をつくと、「金の切れ目は縁の切れ目」とばかり、ジュディは別の男と去っていきます。彼女がルパンを愛していたかは知るよしもないのですが、この話ではルパンの方は明らかに彼女を愛し、新しい人生をともに歩もうとしていたと私は思ったりします。

例えば、トワイライトジェミニのララ。ゲルド族の王家の血を引く彼女のひたむきな情熱に惹かれ、彼女の為に命を捧げるような活躍をするのですが、ララの方にその気がなかったのか、意外とあっさりとお別れになった所をみると、愛しているといえるほどの関係ではなかったのでしょうか。

「ワルサーP38」のエレン。エレンの命の灯火が消える瞬間、ルパンがしっかり彼女を抱きしめる。過去にケリをつけ、自由になった彼女と一緒に青い空を見ることを夢見ていたルパン。あの時から、彼は彼女を本気で愛しはじめていた、と言えるかもしれません。

ルパン自身は惚れた女の名前と数なんて、自分でもおぼえちゃいないでしょう。

でも、逆に彼を愛した女性たちの名前は、ほぼ特定できますね。

その一人は、コーネリア。TV2ndシリーズ第50話、51話。(続けて2話なんて、不二子を除いてはいないですよね。)ルパン本人が若い頃に「愛し合った」とマジに言ってるので正しいでしょう。

不二子と違って、決して人を裏切ったりしない、真面目な良い子でした。ルパンの代わりに銃弾に当たって死んでしまい、ルパンはその事をいつまでも悔いていました。

2人目。ご存知クラリス。あそこまで命がけで高い塔へ忍び込み、極悪非道な伯爵と対決し、何も盗まず、クラリスのために活躍した彼です。清純で一途な彼女が彼を愛さないはずがない。もちろん彼のほうも愛してないとはいえませんでしょう。

「ロリコン」なんてとんでもないですよ、愛に年齢差なんてないのです。ルパンの愛をしっかり受け止める、真っ直ぐな、清らかな魂を持ったクラリス。

「泥棒はまだ、できないけど、きっとおぼえます。」愛情の表現としては、最高のセリフじゃないですか。

3人目。これは推測ですが、「盗まれたルパン」で写真でしか出てこない女性、キャット。彼女はかつて、ヨーロッパのとある町でルパンと組んで仕事した相棒。悪いやつに殺されていなければ、今もいい相棒だったに違いありません。

彼女の娘ベッキーは「きっとママンは私がルパンと組んで(泥棒稼業を)ついでほしかったにちがいない。」といっています。

10数年前の出来事を昨日のことのように話し、娘にそう思わせる女の思いって「恋」しかないですよね。ランバージャックが言うように「あれほどの女」ですから、言い寄る男も多かったでしょう。自分の相棒がそんなに魅力的なのに、それをほっておくルパンじゃないって思いませんか。2人の間には相棒以上の関係がきっとあったハズ。

多分、ベッキーはルパンの娘なんじゃないかなって。ただ、キャットはとても賢いので、ルパンにはそれと知らせなかったんじゃないか。勿論、ベッキー本人にも。ルパン三世が父親だったりしたら、わが子の命が危ういもんね。

4人目。誰にも分かる相思相愛の彼女、勿論、峰不二子。

え、、相思相愛じゃなくって、まだ、ルパンの片思いじゃないかって?

いえいえ、ちゃあんと2人は心の底では愛し合ってますよ。その証拠は、私のブログをおすみずみまでお読みいただけば分かります。

と言うわけで、ルパンが愛し、ルパンを愛した女たちは多分4人。どの女性もしっかり自分を持ち、魅力的で、意外と真っ直ぐな性格の人たちが多いんですね、不二子を除いては。

今日お話した内容、もっと楽しみたい人は、以下にご紹介した本をナビにして作品をご覧になってください。やっぱり百聞は一見にしかず。

もう何度もルパン映画を見たあなた、他にももっとすごい、楽しい見方が発見できるかも。

私のブログで、見どころを紹介します。楽しみにして下さいね。

« 宮崎駿監督の創造した「ルパン三世」像 | トップページ | 第4回ルパン三世笑劇場「斬鉄剣よりも、 よくキレる!?」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471066/9261549

この記事へのトラックバック一覧です: ルパンが愛した女たち、ルパンを愛した女たち:

« 宮崎駿監督の創造した「ルパン三世」像 | トップページ | 第4回ルパン三世笑劇場「斬鉄剣よりも、 よくキレる!?」 »

ルパン三世ショップ「お宝GET」の入り口

人気ブログランキング

ブログランキング入り口

自筆のルパン三世イラスト集

  • Jigen6107
    管理人が描いた自筆のイラスト集。この四角の中の小さい画像(左)をクリックしてお入りください。 あなたのパソコンで楽しむならコピーされてもかまいません。 あなたのサイトに載せられる場合は「ルパンクラブ三世から転載。」と書いてくださいね。

私の好きなルパンNO1

  • 私の大好きなアニメーターさんのモノマネでルパン三世を描いてみました。誰のマネか分かる?

私の好きな不二子NO1

私の好きな次元NO1

私の好きな五エ門NO1

私の好きな銭形NO1

私の好きな悪役NO3

最近のトラックバック

無料ブログはココログ