ようこそ私のルパン三世ワールドへ


  • ここはルパン三世に関するお楽しみサイト。特に自作小説は傑作と評判です。(左サイドバーに入り口あり。)コメントもトラックバックも大歓迎!

バーン・ノーティス予告編動画

ルパンの祖父さん知ってる会?

ルパンネットワーク

大野雄二さんオフィシャルサイト

heiwa「ルパン一族の秘宝」

ルパン三世「movie square」誕生・ここは入り口

栗田貫一さんファンのためのサイト

宮崎駿 ルパン三世アニメを語るサイト入り口

(株)トムスエンタテイメントの公式サイトへのリンク

広告1

« アニメの歴史に燦然と輝く「カリオストロの城」 | トップページ | ルパン三世アニメ40年の歴史に終止符を打つ、、、。 »

2008年5月 7日 (水)

駄作?佳作?それとも超大作!「GREEN VS RED」の評価はいかに?

いきなり、こんな題名ではじめちゃいました。

もうたくさんの方がこのOVAをご覧になったと思います。

いかがでしたか。この作品、以前にもお話しましたが、評価が○×分かれるのではないかと思います。

この私のブログにも、「駄作」とコメントする方もいらっしゃって、一家言おありだと思うのですが、今日は私の考えを読んでくださいね。

まず、私は「傑作」と考える立場です。

何に一番感動したかというと、ルパンアニメ40周年記念の作品に、敢えてルパン以外の主人公を起用したその勇気と破天荒さに。

今まで40年の歴史になかったです、こんな無謀な監督、、。(笑)

世にごまんといるルパニスト(ルパン三世中毒にかかっている人)を相手に、挑戦状を叩きつけるかのようなその卓抜したアイデア。(再び笑、、。)

いえいえ、ちゃあんと計算ずくということは、DVDを買った方ならその中にある解説書をご覧になって納得なさったでしょう。まだ読んでいない人のために抜粋して、ご紹介しましょう。以下は「宮監督 ルパンを語る」の内容です。

40年に及ぶ「ルパン三世]の長い歴史の中で、それこそスタッフが変わったり、声優さんが変わったり、キャラクターデザインが変わったりして、要するに顔や姿や声の違うルパンがたくさん存在しているわけです。そしてもちろん、どのルパンも本物のルパンなんですが。

これだけ顔や姿や声の違うルパンがみんなルパンなのであれば<ルパン三世>というのは特定個人を指すのではなく普遍的なコードネームのようなものじゃないかと僕は思ったんですよ。

中略~

ただ、どのルパンも本物ではあるんですけど、中でもど~んと構えてる真打ちというべきルパンがいて、<赤ジャケットルパン>をそういう存在として描いています。

中略~

最近のルパンは視聴者の方に歩み寄りすぎているかんじがして物足りなかったんです。

だから、今回は、ルパン自身にベラベラ語らせたりせずに、周囲の人間にルパンを語らせることで、ルパンの持つカッコよさ、凄さというものを表現できないかと考えて、挑戦してみました。

ルパンに憧れる現実の我々=ヤスオという<ルパンに憧れる若者>を主人公として描くことで、改めて今、ルパンの本当の魅力を描くことが出来るのではないか、と考えて作ったつもりです。

<ルパン三世>をコードネームとして考える。この話を読んだとき、目からウロコが落ちる感じがしました。

ルパン三世は世界中に無数にいる!

こんな感覚、視点を持つ人が、この作品を見るまでに、何人いたでしょうか。

まあちゃん1115がルパン三世小説を構想する際には、前提として、「あくまで本物は一人」です。

ルパン三世が「ルパン三世」になるためには、「ルパン三世として万人が認める行為」をして初めてそう呼ばれるようになるのだ、、。

「男が男に、、。」くだんのセリフはこのことをさしているのでしょう。

ということはつまり、今は真打ちのルパンだって、いつか「新型」に追い落とされて真打ちでなくなってしまう可能性があるってことですよね。

このアニメの終盤で、ヤスオ扮する「ルパンになろうとする」男と「ルパンでありつづけようとする」男が対決します。

結果はどっちも相打ち(??)となって終わりますが、果たしてあのラストシーンの「新型」ルパンがどっちの男だったのか、、、?

何度見ても私には分かりませんでした。

「お疲れ様。」

と言われてにやりと笑った紅屋の親父は多分、今までの真打ちの変装だったと言うところまでは想像がつきましたけど。

駄作と言われる訳は、秘密が随所に隠されている分、非常に分かりづらい話の展開ということもあるのでは。

さらに加えて、今までの全てのアニメのストーリーがルパンの心情をたどって、ルパンになりきって展開していたのに比べ、ルパンの内面が読みづらいという戸惑い。

それは、監督がおっしゃっているように、ルパン自身の言葉や思考からではなく、ルパンを取り囲む人々の思いや言動から、「ルパン三世」の人間性を浮かび上がらせようという試みからなのでしょう。

たとえて言えば、今までの全ての作品が、時間軸にそって、ルパンの行動に沿って展開する「絵巻物」とするなら、今回の作品は、「パッチワーク」を想像すると分かりやすいかもしれませんね。

登場する人物全てに、それぞれの人生があり、それぞれの思いが、短いセリフに凝縮されて表現されている。私たちはそれぞれの人生をていねいに見ていきながら、その中にある意味や、面白さを味わって、それを私たちが自分の頭の中で丹念に紡いでいくと、その結果、一つの大きな「ルパン三世像」が浮かび上がる、、、。

今までと違った視点で、このアニメを楽しんでいただけたらと思います。

「ありえね~。」というような設定、たとえば、「アイスキューブは人工プルトニウムで、凍らせておくと放射線を発しない」とか、「ローガンの脳みそはその息子に移植された。その記憶をルパンがパソコンで読み取る」とか、そういった設定の唐突さは、例えば、30年前に空飛ぶ巨大な脳細胞を思いついた監督の偉大さに比べると、いまいちって感じがするかもしれません。

追伸2:最近の研究で、人間の意識や過去の記憶をパソコン上に映像として再現することが可能になりつつある、とNHKで放映されていました。

つまり、他人の脳みそを移植できるようになったら、その記憶をパソコンで読み取って映像にできるようになるらしいです。まるでSFのようなことが、近い将来実現できると知ってゾクゾクしました。やっぱりルパン三世アニメは時代の最先端をいってる、、と。

30年前のSFが今では常識です。クローンが現実になったように、30年後には上の話はぜんぜん唐突ではなく、必然ということになるのでしょうか。

ともかく「ルパンアニメ」に関して言えば、どんな設定でもアリ!「不可能を可能にする男」、私たちのスーパーヒーローを活躍させる場に、タブーなんてありましえん!

今日はひとまず、このヘンで。

次回も続きを書きます。

2009年2月。アクセス数が14600を超えました。こんなに短期間にこれだけの方に訪れていただき感謝です。

ルパン三世のサイン入り色紙が、、、、

あるわきゃネッダロー!

でも、本当にありがとうね、、、感謝、、、。

追伸:マキさん、コメントを有難うございました。皆様、どしどし、ご意見をお願いします。

コメントは喜んで受けますが、メールはカンベンしてください。

« アニメの歴史に燦然と輝く「カリオストロの城」 | トップページ | ルパン三世アニメ40年の歴史に終止符を打つ、、、。 »

コメント

はじめまして
私はこれを見て声優交代への示唆かなと感じ取りました。
お分かりの通り山田康雄さんから栗田貫一さんのように。

この作品で若い人たちが出てくるのは
世代の交代、時代の流れは当たり前に起きることであるってことを
示したかったのかなと…。
それを受け入れることも必要でもあるよと。

声優が栗田貫一さんになったとき批判おきましたよね。
ただ『似てない』という部分が大多数なんですよ。
だからルパン集団(笑)が連行されたシーンは
いくら似てる人、声優を集めても意味がない。
器は同じでも中身の違うルパンが必要なんだということでしょうか?
そう考えると栗田貫一さんはどんな気持ちだったかなと…。
まぁ推測ですけどね。

途中ロボットが出てきたシーンは首をかしげましたが…。
まぁ確かにうまく伝わらない『失敗作』ですね。
ルパンの世界観云々にこだわる人は見ない方がいい作品でもありますね。

RE :Vagabond4062様

このブログにようこそ、コメントをありがとさんです。

まあちゃん1115は批判的なご意見こそ大切にしてます。

古き時代のルパンを知っている「山田ルパン」派の世代にとっては、「GREEN VS,,,」はルパンじゃなくて別世界、別キャラの作品と思っていいんじゃないでしょうかね。

話の中身や作者の意図が伝わらない失敗作というのもうなずける部分もありますね。

「ルパンアニメは理屈がいらなくて、分かりやすくて楽しくなければ」というファンには不満がいっぱいの作品だということは間違いないでしょう。

他の作品についても感想を待ってます。特にここ1~2年の最近のアニメについて。

俺は不満がいっぱい。駄作ばっかりだ!!!

まあちゃん1115より

早速の掲載ありがとうございます♪♪

TVシリーズはほとんど見れてないのですが、

TV1ST 第2話「魔術師と呼ばれた男」
⇒1stの中で初めて見た作品っていうのと、全体の雰囲気が好きですね☆
TV2ND 第146話「ルパン 華麗なる敗北」
⇒声優好きなのどうしても内容はさることながら声や演技を重視して見てしまうのですが、菅谷政子さんの名演技と特徴のある声がいいですね♪
あと、この時代のオープニングやエンディングも最高に好きです♪♪
TVSP 「ヘミングウェイペーパーの謎」
⇒冒頭の映画のような演出が堪らなく好きです♪山田さんの「コルカカぁ~?」から始まる情報屋との会話での言い回し(アドリブが冴えてるさえてる)や画面演出が秀逸です。

上記が好きですかね♪あと、2ndだと思うのですが小さい頃に見た記憶で、銭形がルパンの声をするのがあったように思うのですが、それが何となく印象に残っています☆(ルパンVSコナンを見てて、小五郎がルパン風に喋っているのを見てて記憶が顔を出しました)。

しかし、トータルで1位はGREEN VS REDですね!!宮監督&西村総作画監督カムバック!!(納谷とっつぁんたちではもう聞けないけど、ルパンという作品の質向上のためになんとか良い作品を作ってもらいたいですね)

あと昔は食わず嫌いしていたのですが、最近PARTⅢが好きになってきたので時間があれば少しづつ見ていきたいですね(^Ⅲ^)

RE:納谷さんへ

おいおい、びっくりしたなーもう。本物の納谷さんからコメントが来たかと思ったぜ。

ヘミングウェイペーパー、魔術師と呼ばれた男、私のお気に入りの作品のひとつですね。

他のおすすめ作品もじっくり見直します。パート3については、自分もまだまだ消化不良のところがあって、もうちょっとしっかり見なくちゃと思っています。

パート3は絵が好きじゃないんですよ。特に父つあんと不二子の顔がどうもいけねえ。作品としては「カクテルの名は復讐(リベンジ)」なんかは大人の味で好きですよ。

納谷さんの声が聞けないルパンアニメなんてと思う人もいるだろうが、(実は自分もでした。)偉大なる声優の後釜を引き受けた山ちゃんを心から応援したいと思ってます。

どうやって彼が納谷父つあんからバトンを引き継いで、上手に自分らしいキャラを作っていけるかが勝負。

山田ルパンが見事に栗田ルパンに変身したように、彼もまた彼の持ち味を生かしたキャラを育ててくれるでしょう。

納谷さんと同じくらい偉大な声優さん、毛利小五郎を演じた神谷明さんですが、ルパンVSコナンでの演技がお見事だったので、役を降りられたのは残念でたまりませんね。小五郎の声で、ルパン三世のキャラを演じることができるただ一人の声優さんと言えるかも。

ルパン三世の楽しみ方はアニメで言えば、声優さんの味を楽しむことかも。タイガーマスクの富山敬さんとか、初代鬼太郎の野沢雅子さんとか、人気アニメの主役級の人が参加しているのも見所ですね。有名な声優が意外なキャラで登場しているのを見つけるという楽しみ方もありだね。

自分が見つけたお宝シーンは次元と五え門の声が入れ替わってるのがあったけど、どれだったか忘れました。探してみます。

全国のルパニスト諸君も面白シーンがあったら紹介してくれ。

父つあんがルパンの声をしてる作品がまだ見つかりません。誰か教えてくれ。

まあちゃん1115様

はじめまして、もの凄く今さらですがこの作品に対する感想や自分なりの考えを話したくって投稿させていただきました。
作品自体は当時から観ていて、もう何十回と繰り返し観ているのですが、パソコンがあまり得意でなく、当時アマゾンのレビュー欄にも自分の見解を述べようとしたのですが、文が長すぎるから投稿できないみたいなことが理由で掲載されませんでした(泣)
そして今まで他の方のレビューを見たりして楽しんでいたのですが、この度こちらのブログを発見させていただきまして、自分も意見を言いたいと思い投稿させていただきました。(文章能力がなくって読みづらくてすみません)

ちらっとしかまだブログ内を拝見させてもらっておりませんが、とっても素敵なブログですね♪そして僕も絵が描くのが好きなので手描きイラストが堪らないです(//▽//)☆

本題ですが、「GREEN VS RED」…納谷さん大好きの私としましては
最高傑作!!ですね☆
近年の、というか大半のルパン作品の銭形の扱いに不満をもっていたので、この作品の銭形の渋さや大物感にとっても大満足です♪
さすがに納谷さんの声の衰えは顕著になってきてしまいましたが、この作品に関しては、設定上バッチリな声・演技でしたね(尊敬を込めての発言です)!!太く、強く、優しく、コミカルになど銭形=納谷さんの魅力がいっぱいです♪
次元、五右ェ門、不二子に関してもそれぞれに見せ場があって実にバランスがとれていると思います。他の方もおっしゃられていますが、ルパンがあまりしゃべらないのに存在感がありすぎ!!素晴らしいと思います。
先日、声優の交代がありましたが、この作品はオリジナルメンバーでしかできなかった作品だと思うので、世に送り出してくれた宮監督に感謝です!!(特典映像の宮監督の生意気のようにも見えるけどなんとも誠実で熱い語りには好印象を受けます)

ラストシーンで新型ルパン(髪を整える仕草、指輪などから推測)が大活躍って感じで終わっているのですが、ルパンだけでなく、実はそれぞれに世代交代のようなエピソードが含まれているのではないかと思いました。
エンドロールで次元が若者と拳銃を構えているシーン(次の次元を育てているように見える※劇中では未だ変っていない)や、五右ェ門が刀を研いでもらっているシーン(実は研いでいるのが初代五右ェ門なのではっていう意見をどこかで見ました※劇中のは既に2代目、周夫から真樹夫へ)などからです。不二子と銭形は明らかなシーンがみあたりませんが、妄想としては
不二子:不二子が認めたらルパンの証明のセリフに対して「なんでわたしなのよ」っていう返し(ユキコの祖母が初代不二子という意見もありますが、私的にユキコの祖母は給食のおばちゃんではないかと…ユキコの家の表札みましたが「ヤマナカ」さんかは不明です)
銭形:声優の変更もないことから、また年齢設定的に初代のみ

最後に、キャラデザ最高!!個人的に近年のTVSP版団子鼻銭形(昔のTVシリーズと何が異なるのかわからないですが、昔の…特にオープニングの団子鼻銭形は大好きです)はあまり好きではないので、男前鼻銭形最高です♪平山版キャラも銭形以外はイラストとしては嫌いではないですが、動くとがっかりします。色指定が悪いのか、デジタル感が出過ぎで気持ちがよくないです。その点、GREEN VS REDは計算尽くされているなと感じました。絵の線自体が違いますね☆

オリジナルメンバーでの最後の短編作が制作されていますが、平山版のようです、この作品の西村さんを起用して欲しかったです(><)音楽DVDのPLAY THE LUPINの人でもよかったですね、原作に寄った感じが最高です。

まだまだ語りたいのですが、文にすると言いたいことがブレてブレて悲しくなります。ほんとうにすみません。
長文本当に失礼しました。

いつか、まあちゃん1115さんと電話でルパン話をしたいものです♪

それでは失礼いたします。
コメント待ってまーす♪♪

RE:納谷さん大好きおじさんへ

ようこそ待ってました、あなたのようなルパニスト。

私も渋い銭形が一番好きですが、コミカルな彼も好きですよ。山田ルパンとのダジャレ・掛け合い漫才風が味わいがあって好きですね。

団子鼻のも、男前なのも好きですね。銭形くらい性格や顔の表情が千変万化、描く人によって変わるキャラは珍しいと思いますよ。多分、ルパンファミリーの中では一番変わる。

次元や不二子のような一貫性が、ない。

話は変わりますが、私が銭形が活躍する話で好きなのは、

TV2ND第30話「モロッコの風は熱く」
TV1ST第15話「ルパンを捕まえてヨーロッパへ行こう」

他におすすめ作品があったら教えてください。

渋い銭形の魅力を最大限に引き出している作品はGREEN VS REDというのは同感ですね。

「面白くねえ。」という奴は10回位見てからこのブログにコメントくれ。

どうぞすみからすみまでじっくりと読んで行ってください。

俺とルパン話をしたいというリクエストありがとさんです。
明日までしゃべっても話が終わらないと思うんで電話代が超高くつきますよ。(笑)

今はこのコメント欄で我慢してやってください。(笑)

初めましてこんばんは。
以前GREENvsREDは観ていたのですが、今日久々に改めて見ました。
私もルパン三世という作品が大好きです。あ。でもルパニストという言葉はしっくりこないので・・・w
今回、この作品はこの作品でナシではありませんがその程度です。
駄作とまでは言いません。どんな姿であれルパンはかっこいいし、憧れる存在です。

ただ、「アニメ」として、追求しすぎなんじゃないか?というのが素直な意見です。
ここまで考えさせないと、スッキリしない。という感想が多い時点で、「傑作」とは言い難い気がしました。
正直私も、「ん??なんだ??」って部分が多かったので、こうやってネットでいろんな方の感想を読ませていただいた次第でございます。

いろいろな人々の感想や意見があるとは思いますが、「傑作」と書かない人間のコメントはいらないのかなー?とも思いましたが、なんとなく書きたかったので書かせて頂きました。

気分を害してしまったらすみませんが、削除して下さい。

また新作みたいですねー^^

RE:Lanco様

コメントありがとうございます。

いえいえ、このブログはどんなお考えをお持ちの方も自由に発言していい、お気楽サイトでございます。

ルパン作品について、あーだ、こーだといろんな考えを述べていただけるサイトにしたいと思っております。

数々のルパン作品の中で一番評価が分かれる作品がこれだとまあちゃん1115は考えます。

なのでルパン三世ファンにはぜひこの記事にたくさんコメントを頂きたい。

あなたのように、「駄作」とは思わないけど、名作とは言えないんじゃないかとお考えの方もたくさんいらっしゃるでしょう。

ルパニストという造語は自分が創りました。今まで「ルパンオタク」と呼ばれ、迫害されてきた自分の歴史を振り返って、ルパン三世についていじけず堂々と語りたいと思ってつけました。

全国のルパン三世ファン、ルパンオタクと呼ばれてもいい。
超面白いルパン三世の世界を世に語りついでいこうじゃないか、仲間になってくれや。

コメント待ってるぜ!!!

まあちゃん1115より

今日はじめてOVAを観ました。

駄作、傑作いろいろ意見はあるかと思いますが、個人的には好きな作品です。

ルパンにあこがれる一人として、そして人生の壁に躓きながら歩く若造として、共感するところがありました。

個人的には、名無しさんみたいな人も嫌いじゃありません。

ルパン作品への愛を感じるし、言葉遣いもかわいいですしね。

良い考察だと思います、ありがとう。

RE:五条様

コメントをありがとうございます。

このブログにようこそ。

ルパニストのお一人とお見受けします。

またいろいろとルパン三世作品についてのご意見下さい。お待ちしています。

まあちゃん1115はこのブログを全国の皆さんがルパン三世についてあ~だ、こ~だと話し合うサロンにしたいと思っています。

気軽にコメントをお寄せ下さい。

ブログ管理人より

今日,初めて観ました。
私はむっちゃくちゃ面白かった。
もちろん今までのテレビシリーズなども大好きですが,私はこういう観てる側にあえて隠す部分を沢山設ける作品が大好きなんです。
アニメとして観るっていうよりは,投げっぱなしの小説を読んだような気分でした。
実験的で未完成で,視聴者に伝わりきらないことなんて充分承知の上!でも作りきってやる!っていうのがビシバシ伝わってきてホント途中笑いが止まりませんでした。
戸惑っている私たちのことを想像して,製作陣はニヤついているんだろうなぁって思うと,もう笑いが止まらない。
しかし多くを語らないルパン一味がここまでかっこいいなんて!!ってちょっと涙ながらに感激していました。
いやー楽しかったなぁ。
もっと様々な形で試してみてほしいと思いました。

RE:mt様へ
まさしく、そのとおり。私もそれ言いたかったです。ほんと、かっこよさに感動!!!

ヤマダカツテナイほどかっこいいルパン。全部解明できる話なんかつまんないですよね。ルパンが山田さんでなくて、栗田さんの声で演じられてるってことに熱い思いを抱く私です。天国にいる「ヤスオ」はこの作品をどう思って見てるんだろうな、、、。

ルパン作品はどこまでも完成されちゃいけないんです。色んな人にもてあそばれて、手垢がつくほどいじられて、様々に料理されてこそ。

常に進化し、冒険に身を投じ、不確かな明日をしたたかに生きていく男の粋な人生をそのままに、作品はオープンエンドで終わる、、。

その価値が分かるあなたも、「通」ですね。

どうぞ、このブログを存分に楽しんでください。

第8回目の「ルパン三世」クイズは「GREEN VS RED」特集に決定しました。(笑)

まあちゃん1115(ブログ作者)より

こんばんは。ブログ読ませていただきました。
面白かったです。
この作品は自分としては傑作だと思います。
印象としては、「ルパン三世というアニメ」じゃなくて「ルパン三世というキャラクターを題材にしたアニメ」という印象でした。
だから、自分としては今までのルパンとはまったく切り離して見させていただきました。

P.S.
ラストの逃走シーンでオールバックを撫で付ける仕草とか、フィアットのミラーにユキコとペアの指輪がぶら下ってる所からラストの新型ルパンはヤスオだと思います

RE:NoA様

ラストシーンで、よく見つけられましたね、もういちどよく見て探します。自分は見落としてました。

何度見ても新しい発見ができるすごい作品ですね、「GREEN VS RED」って。あなたのように見れば、他の作品ももっと楽しめるのかも。

例えば実写版とか、風魔一族の、、とか、「これはルパンじゃない!」なんて言わずに、広い心で「こんなのもありかな?」なんてね。

私のルパン小説もそんな風に思って読んでいただけたらうれしいですね。別人格の、TVアニメとは違うルパン三世が出てくる話。

またおいで下さい。あっとおどろく結末を用意してお待ちしております。

コメント有難うございました。

まあちゃん1115より。

名前無し君、君の率直な意見、アリガトよ。
俺さ、あんたみてえに根性あるヤツのコメント、消さねえことにしてんだ。
けどな、コトバには気をつけなよ、いろんな人が読むかもしれねえブログなんだからよ。
おもしれえルパンだっていいかもしんねえ。シリアスな話や謎解きが好きな奴だっていたっていいじゃねえの。
でもまあ、あんたの気持ちは分かるけどさ。
また読みにきてくれや。
このブログ読んでる君、どしどし感想を。
お待ちしてます。

は?

駄作だろ?失敗作だよ。

ルパンは見終わった後「すっきりと晴れやかな気持ち」になる単純さがいいんだよ。1回見ればわかる内容じゃなと。

現在アニメのストーリーによくありがちな「視聴者への投げかけ」「わかりいにくい構成」などなどは不要の産物だ!!
2回以上見てもまだ不確定な箇所が残るなんて最低だ!!!


はっきり言ってこんなのルパン三世じゃないね。

ゆかりんさんへ

お返事をありがとう。またきてね。

こんにちは♪
先日はコメントありがとうございました。
駄作とは全然思いませんが私にとってはわかりづらい内容でした。
まあちゃんさんの記事を読ませていただいてなるほど~と。
ルパンは大好きなのでまた遊びに来ますね~♪

tamacatさんへ
コメントをありがとうございました。あなたのご意見を読むと、私も同様に思う点がいくつかあります。おっしゃるように、一つ一つの要素をあげれば光っているのに、全体として今ひとつ、作品全体の良さや監督の持つメッセージを十分に伝え切れていない、もどかしさみたいなものを感じます。見終わった後に、鮮明に残る映像の印象が薄いのも。昨日見ましたが、初期の作品、例えば、「クローンVS複製人間」とか、「バビロンの黄金伝説」なんか、その点インパクトすごいですね。エンタメに徹していて、話がすっきりと分かりやすい。映像が今ほどに綺麗でないのに、引き込まれます。いつまでも覚えてますよね、場面の一つ一つを。ルパンアニメって昔に遡るほどいい作品がたくさんあるって分かりました。今活躍していらっしゃる若い監督や脚本家の方、ぜひがんばっていただきたいですね。
ご意見、ご感想をお待ちしています。

こんばんは。blogへのコメント、ありがとうございました。
僕として「GREEN vs RED」は、「傑作」でも「駄作」でもなくて、「失敗作」だと思ってます。
確かに、設定や試みはいいと思いますし、描写や台詞もいい、映像も音楽もいい。しかし、展開や人物相関図が解りにくすぎるせいで、アイディアのよさが観る側にほとんど伝わらない。
この作品の脚本も、大川俊道氏ですね。ストーリーを構成する様々な要素のかみ合わせが悪いのは、氏の他作品と同様。脚本次第では傑作になったかも…と思うと惜しいですね。

こんばんは!ブログに来てくださってありがとうございました。
…すごく素敵なサイトですね!!!
小説、また読みにお邪魔します。
というかショップがスゴイ。。
タイピングソフトがものすごーく欲しいです(笑)。
グラフィックが全編書下ろしだなんて…!

先日はBSアニメ夜話で「とことんルパン三世」をやってました。
ご覧になりましたか?
井上真樹夫さんがお電話で出演されてました~(><)
出来ればいつか、小林清志さんの素のお話を聞くのが夢の一つです…

長々申し訳ありません。
ここまでルパンづくしに出来るのは楽しいですね。
羨ましいです(笑)。またお邪魔します!

評価するに値する作品だと思います

アタシも傑作だと思いました。
アタシはルパンは1人でいいよ~なんですが、こういう話もありカナ??という感じで見てました。あくまでこういうパターンの場合・・・みたいな(^。^)
でも内容を理解するのはちょっと大変でムック本を読んで、サイト回りまっくて。。。と頑張りました^^;
どんな話でもルパン三世loveです★

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471066/20817536

この記事へのトラックバック一覧です: 駄作?佳作?それとも超大作!「GREEN VS RED」の評価はいかに?:

» ルパン三世 GREENvsRED [映画鑑賞★日記・・・]
2008年オリジナルビデオ製作国:日本監督:宮繁之原作:モンキー・パンチ声の出演:栗田貫一、小林清志、増山江威子、井上真樹夫、納谷悟朗 [続きを読む]

« アニメの歴史に燦然と輝く「カリオストロの城」 | トップページ | ルパン三世アニメ40年の歴史に終止符を打つ、、、。 »

ルパン三世ショップ「お宝GET」の入り口

人気ブログランキング

ブログランキング入り口

自筆のルパン三世イラスト集

  • Jigen6107
    管理人が描いた自筆のイラスト集。この四角の中の小さい画像(左)をクリックしてお入りください。 あなたのパソコンで楽しむならコピーされてもかまいません。 あなたのサイトに載せられる場合は「ルパンクラブ三世から転載。」と書いてくださいね。

私の好きなルパンNO1

  • 私の大好きなアニメーターさんのモノマネでルパン三世を描いてみました。誰のマネか分かる?

私の好きな不二子NO1

私の好きな次元NO1

私の好きな五エ門NO1

私の好きな銭形NO1

私の好きな悪役NO3

最近のトラックバック

無料ブログはココログ